参加生産者

小澤農園

さいたま市見沼区蓮沼1203

9000坪もの市内有数の広大な都市内農地で、芋類や人参などの根菜類を中心に栽培しています。さいたま市発祥で、ホクホクした食感と上品な甘さが特徴の幻のサツマイモ「紅赤」の復活にも取り組んでいます。自宅前の直売所は、14時~17時に開いています。(定休日:水・日)


オーガニックハーベスト丸山

さいたま市見沼区蓮沼1694

見沼たんぼで約25種類の野菜と米を有機肥料と低農薬で安心・安全を心がけて栽培しており、市内のデパート、スーパー、レストランや学校給食に出荷してます。また、「食育・環境・コミュニティ・命の繋がり」をテーマに農業体験も行っています。新鮮野菜は勿論、フレッシュ人参100%ジュースと埼玉のブランド米「彩のきずな」や「彩のかがやき」もお薦め商品です。お客様に笑顔と安心、さらに幸せをお届けするのが私達の願いです。

 


野本農園

さいたま市見沼区東門前466(野本農園直売所)

見沼区の畑で、さいたま市の気候風土に合った野菜を、野菜にストレスをかけず栽培する事に心がけています。
また、有機質肥料や、化学農薬の不使用や使用量の低減に努めて栽培しています。 夏はトマト・トウモロコシ・枝豆、秋から冬にかけては里芋、ゴボウ、大和芋、長芋などが人気です。色鮮やか珍しい野菜、ヨーロッパ野菜などもあります。風渡野郵便局前に直売所があります。(水・日は休み)


ひざこさんちょくG

さいたま市見沼区膝子725

 

 


前田農場

さいたま市見沼区南中野395-1-E-201

企業を退職後、農業大学の養成講座や農業塾で学んだ後、農家育ちの妻と一緒に食の安心安全を第一に考えた農業を追及して10年になります。
一切の農薬や化学薬品を使わず、堆肥や鶏ふん、牡蠣殻石灰などを使い見沼の土、水、太陽と自然の恵みを活かし、手間をかけて作物を育てています。
県庁朝市に出店している他、お客様の要望で宅配もしています。(要相談)

 


マーシーズファーム(尾関農園)

見沼田んぼで栽培期間中農薬は使わず、その土地にある枯れ葉や雑草を堆肥化して肥料に用いる自然栽培で多種多品目の季節の野菜を作っています。中でも白菜、人参、きゅうり、レタスは好評です。わくわく広場(宮原、与野)、ガレージマーケット、みぬマルシェ等で販売しております。ツイッター(@marcysfarm_t)で情報発信をしています。


中野園芸

さいたま市見沼区膝子531

見沼区に嫁に来て60年以上。土壌豊かな膝子で農業をしています。店名の「園芸」は植木も扱っていた時の名残です。
埼玉県農業大学を卒業した孫が数年前に就農して、農地を拡げ、ミニトマト、玉ねぎ、キュウリ、ジャガイモ、里芋など30種ほどの野菜と米を生産しています。
これらの野菜は、木崎や三室などの農協の直売場や、毎週金曜の午後には東川口駅で販売しています。


小島農園

春は桜が咲き、秋は彼岸花の咲く見沼たんぼに囲まれた耕作地で、さつま芋、なす、ブロッコリーなどの野菜や、甘夏、きんかん、ブルーベリーなどの果物を計15種類、露地で栽培してます。
みぬマルシェは、お客様と会話しながら販売するのが楽しみのひとつです。これからもまごころ込めて野菜作りに励みます。


KMフルーツジャパン

さいたま市見沼区片柳2-1

県の農業技術研究センターでの研修・勤務後、実家に戻りフルーツ栽培を始めました。大自然(空気・水・土)の流れに逆らわらない農業を目指して殺菌・殺虫・除草剤や化学肥料を一切使用しない手法を模索し7年経ちました。シャインマスカット、梨、桃、バナナ、キウイ、栗やグレープフルーツ、レモンなどの柑橘類など多種多様な果物を生産、直売所やネット通販で販売しています。詳細はホームページ(KMフルーツジャパン)でどうぞ。


森田農園LABO

さいたま市見沼区膝子621-1

3年前に某大手家電メーカーを退職して、家業の農業を継ぎました。米をはじめホウレンソウ、ブロッコリー、キャベツ、枝豆など70品目の露地野菜やミカン、栗など生産しているほか、冬から春にはハウス栽培でイチゴを栽培しており、「甘い」と人気商品になっています。
安全や衛生管理に力を入れ、商品は個包装して出荷するほか、県から「S-GAP実践農場」及び「S-GAP実践農場2020」として見沼区で最初の評価を受けています。

 


運営協力:

一般社団法人埼玉を食べる

埼玉を食べるMarket